ブログ

第47回 全日東部予選

全日本U-12サッカー選手権大会 、通称「全日」。

この試合は、リーグ戦が終わったこの時期にある大切な公式戦。

その岡山県大会東部地域予選がありました。

リーグ戦をとおして成長・成熟してきたチームにとって、その真価が問われる重要な試合です。

今年は抽選の結果、初日は3チームによる総当り戦となりました。

 

強豪チームとの第1試合。この試合に勝てば、翌日のグループ1位決定戦進出に大きく近づきます。

緊張のホイッスルで試合開始。両チームやや慎重なボール運びが続く展開。

お互いにビッグチャンスを生かしきれない時間が続きましたが、均衡を破ったのは、残念ながら、強豪チームの方でした。

球際の強さ、あと一歩の粘り、わずかな違いが積み重なって、1点を先制されてしまいました。

 

その後も互角の攻防を続けた両チームでしたが、次の1点を決めたのも強豪チーム。大きな2点目となりました。

後半も互角の戦いを演じましたが、最後の一歩、最後のひと蹴りで競り負けてしまい失点につながる展開。

残念ながら、強豪チームとの初戦は実力の違いがそのまま得点(失点)につながった結果となりました。

気持ちを入れ替えての第2戦。

 

この試合もお互いにビッグチャンスを生かしきれない時間が続きましたが、均衡を破ったのは、大元FC。

6年生のFWが、リーグ戦、公式戦を通して初めての得点!今までの成果が出てきたかな?

本人にとっても、コーチ陣にとっても、うれしい初得点となりました。

このまま守りきれば、うれしい初得点が決勝点・・・そんなことが頭に浮かぶ後半の残り時間。

残念ながら、次の得点は相手チームに決められてしまいました。最後の一歩が・・・残念。

2戦目の結果は引分け。成長と課題を感じた全日の予選となりました。

この経験を、年明けのトヨペットカップに生かして、昨年に続く本線出場を目指していこう!